事情のある方へ性病検査の方法を御紹介

【あなたの性病検査】諸事情ある方へおすすめ性病検査方法

あなたの性病検査の選び方!それぞれに事情がありますからおすすめも違います。

30代ファッションメンズ

性病検査をお考えの、社会人の方、学生の方、主婦の方へ。当サイトはそれぞれ性病検査をお考えの方へ最適な方法を御紹介するサイトです。妊娠を機に性病検査を受けたいと考えている、学生でちょっと最近気になることがあるから性病検査をしたい、社会人で何となく不安になって検査を受けてみよう!HIVウィルスが心配だから、と言う方、それに同性愛者の性的マイノリティの方へ。当サイトはあなただけの性病検査を見つける性病検査の専門サイトです。あなたにピッタリの検査が見つかるはずです。

 

主婦の方へおすすめの性病検査
社会人の方へおすすめの性病検査
学生の方へおすすめ性病検査
同性愛など性的マイノリティの方へおすすめの性病検査

 

どの方も何らかの症状が出れば健康に対して不安になる気持ち分かります。多くの方は性病の症状が出ているか、それとも今までの性行為に対してとても不安に思ったりして検査をすることを考えると思います。しかし性病検査を考える方の生活はそれぞれです。ですからもちろん病院に行けば性病検査をしてくれることはみなさん何となくわかっているのです。でも病院に行く時間がないとか、平日に休みが取れないという社会人の方や、何となく不安に思っている自分の体調に関してすぐに行動を起こさなければならないと言う場合でもあまり行動に起こせないケースも多いはずです。もちろん主婦の方でも学生さんでも、社会人の方でも症状が出ている場合は病院での検査が断然おすすめですよ。

 

 

 

 


健康不安での性病検査をお考えの方は、検査をするなら無料で出来るケースもありますよ♪

30代ファッションメンズ

無料で性病検査を受けることも可能♪

 

性病検査が出来る3つの方法

 

性病検査を受けるには3つの方法があります。

 

病院
自治体の保健所や保健センター
自宅

 

これらの性病検査に関する方法はほとんど同じような方式で、検体をとって分析センターへお願いして検査をするという方法です。

 

保健所や保健センターの性病検査について

 

 

あなたが住んでいる自治体には保健所や保健センターがあることを御存じでしょうか?保健所や保健センターは衛生管理などの観点から無料で性病検査のうち、流行性のあるHIV検査や、クラミジア、梅毒などの検査を行ってくれるところが多々あります。またあなた住んでいる場所から離れた自治体でも保健所や保健センターでは検査を受け付けてくれるので、地元では性病検査を受けたくない、と言う方は少し離れた自治体に出向いて検査をすることが可能です。

 

自治体の保健所や保健センターの性病検査のデメリット

 

 

自治体で出来る性病検査なのですが、一般的に言ってデメリットはあります。お役所なので、ある程度検査の日程が決まっていることがまず挙げられます。例としてまず、HIV検査は毎週水曜日、梅毒の検査は木曜日等、検査できる項目ごとに曜日が決まっていることがありますので、その日に休みが取れなかったりすれば検査を受けることができません。

 

 

また性病検査と言うのは、病院で受けても保健センターなどで受けても自宅で性病検査を受けてもほぼ同じ方式での検査となりますし、検査をする機関も違いがほとんどありません。

 

自分の罹っている性病が何なのかということを詳しく知っていないと出来ないことになります。しかし健康不安からHIV検査を受けると言うことは悪くはありません。

 

しかし何といっても自治体なので、知り合いに会う可能性が高いと言うことも付け加えておきたいと思います。誰が見ているか分からないと言う怖さがありますよね。

 

 

病院での性病検査

 

病院での性病検査は安心感があります。何らかの症状が出ている、と言うのであれば保険の適用がありますし、ドクターがいると言うことは安心して性病検査を受けることが可能です。症状が出ていればその症状を伝えればある程度の目星などはつけることが可能ですので、そのまま先生に伝えれば良いと思います。

 

 

しかし、健康不安などからの性病検査であれば、自分がなんの性病の検査をしたいのか、と言うことを伝えなければなりません。でなければ検査ごとの項目がありますので都度検査費用がかかってきます。
HIV検査がしたいと言うのであればその検査だけを受けることになるのです。

 

病院での性病検査のデメリット

 

病院での検査のデメリットも何といっても人に会う可能性が高いという点です。加えて性病検査は泌尿器科がメインです。泌尿器科へ行くには何らかの性病のサインが出ていることが前提として考えられますが、産婦人科でも女性や主婦の方なら良いでしょう。しかし男性の場合は婦人科というものがなく、紳士科というものはありません。どうしても、人に泌尿器科に行きたいと言うことを伝える必要性が出てきてしまいます。

 

やはり、恥ずかしさというものは乗り越えなければいけない壁で、ハードルが高いと言えます。それでも症状が出ていれば四の五の言っていられない!とは言えますからハッキリと症状が出ていれば病院でん性病検査が断然いいでしょう。

 

 

自宅での性病検査

 

自宅での性病検査のメリットは何と言っても誰にでも受けられるという点と、誰にも知られることなく性病検査が出来ると言う点です。

 

自宅での性病検査は、WEB完結型があるので、その気になれば誰にも会うことなく、誰にも知られることなく性病検査が完了します。

 

自宅で受け取ることがちょっと嫌だと言う場合は近くのコンビニに留め起きが可能ですので、受け取りに行くこともできます。
また検査結果についてはウェブ上で確認可能なので、誰にも知られることなく検査を完結することが可能。

 

自宅での性病検査のデメリット

 

自宅での性病検査のデメリットはやはり、自分の性病の種類をある程度特定しなければいけないと言うことです。つまり何らかの症状が出ている場合はそれに沿ってサイト上で確認しながら検査を選択することが可能ではありますし、エイズに罹っていないだろうか?と言う場合はHIV検査キットを選択すればいいのではあります。


ホーム RSS購読